ブックタイトルカウパック規格袋カタログVol.5

ページ
8/156

このページは カウパック規格袋カタログVol.5 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

カウパック規格袋カタログVol.5

必ずお読みください禁止ご使用の際、してはいけないことを表しています。電子レンジ調理NG■電子レンジ加熱を、密封状態で行うと袋が膨張し破裂する恐れがありますので、ご使用になれません。※NACFなどアルミ箔を用いた袋は、開放状態でもご使用になれません。レトルト包材の適用範囲■レトルト用規格袋は、ボイル殺菌用途でご使用になれません。袋が破裂する恐れがあります。※MLR規格は、使用可。直火加熱NG■直火で加熱することは絶対におやめください。袋が溶けて変形・破損する恐れがあります。注意人がけがをしたり、財産に損害を与える恐れがある内容を表しています。内容物に合わせた製品選定■ご使用の際、内容物の特性上適さない場合もありますので、予め内容物との適性をご確認のうえご使用願います。加熱殺菌条件を守る■弊社の加熱殺菌条件を超えて加熱しないでください。破袋する恐れがあります。また、内容物によっては条件範囲内であっても破袋する恐れがありますので、ご使用になる前にご確認願います。子供の手の届かないところへ保管■幼児や小さなお子様などが製品で遊んだりすると、誤って袋をかぶり、窒息する恐れがありますので、必ず手の届かないところに保管してください。内容物内容物+袋の状態確認045 15℃30時間袋内容量の設定■内容量の設定はP.146~P.147にある容量目安を参考にお決めください。袋の材質によっては、内容量に対して、強度が満たないものもありますのでご使用になる前にご確認願います。製品梱包時の注意■充填した商品を梱包する際、梱包方法や過剰、過少な入数によって落下や衝撃により破袋する恐れがありますので、梱包には十分ご注意願います。常温屋内での保管■直射日光、高温多湿を避け屋内にて保管してください。保管状態によっては、変色劣化することもあります。一度開封した製品は、ほこりや異物が入らないようにテープで再封し保管してください。容量確認袋屋内袋袋屋外袋袋袋の破れに注意■凹凸のある内容物を充填する際、袋に傷を付け破れる恐れがありますので、ご使用になる前にご確認願います。冷凍輸送時に注意すべき点■冷凍輸送は、内容物が凍結し硬化した状態になりますので、隣り合う商品同士、および梱包材への接触により袋に穴が開く場合があります。また、フィルムが貼り付き破袋する恐れがありますので、梱包時の配列にご注意願います。返品について■開封された商品は、弊社に起因する事情を除き、品質管理上返品をお断りしております。カウパックOPEN袋8※製品の仕様については予告なく変更する場合があります。また、予告なく廃番・統合となる場合があります。